平成25年度 第3回マンガを活用したまちづくり事業検討会

熊本マンガミュージアムプロジェクトの橋本氏、鈴木氏、松江氏をお招きして、本検討会が行われました。
地元からは、くま川鉄道・湯楽里・湯~とぴあ・商工会・役場の参加でした。

議題は、来年度事業についてでした。

・まんが美術館の取り組み
・まんが図書館の今後の展開について
・その他の事業

課題

〇まんが美術館で毎年数回行われる展覧会は、開催することが目的になっており、打ち上げ花火になっている。
 良いマンガ資源があるだけにもったいない。

〇風刺マンガの聖地をもっと活かした取組が必要。
 各委員から次のことが求められた。

 ☆湯前町が何を目指しているかのコンセプト(理念)
 ☆経済効果(需要予測など)
 ☆展覧会の内容と地域の関心・関連(リレーション)がつながること
 ☆ストーリー(話題)性

〇地域の人達がいかに協力・関わってくれるかが大事。
 湯前町から「まんが」で情報発信してはどうか。
 例.山北さん物語や、地域特産品など4コマまんがで紹介する。
   まんがレシピ
   漬物グランプリ(T-1)
 
〇くま川鉄道との更なる連携

私は、本検討会の委員として参加しています。

湯前町 マンガを活用したまちづくり事業
タイトルとURLをコピーしました