町長に建議 強い農業を目指す!

湯前町の農業を取り巻く環境は、未曾有の危機的状況にあります。
この状況を打開するために、思い切った政治的判断による農業支援制度の構築について、町をあげて取り組むことを強く要望し、農業支援対策特別委員会から町長に対して建議しました。

(強い経営体づくり)
1.『農業法人化』や『農業経営者の育成』に対し、補助制度を含む支援制度を創設すること。

(既存農家への支援)
2.『中山間地域等直接支払交付金』対象区域外の用水路について、農地の所在地により格差が生じることなく整備が行えるよう、有効な施策を講じること。

3.ヘルパー・オペレーター事業等の拡充を目指すこと。

農業支援対策特別委員会で1年間検討してきた様々な支援策については、委員会報告書の中でまとめています。(全10頁)
その中には、販売拠点づくり・販売力の強化など農商工連携・6次産業化に関連する支援も含んでいます。

来年度以降の農業政策にどう反映されていくのか注目されます。
地域活性化・人口減少の歯止めは、産業の活性化なくして実現できません!!!

◎追伸
農業支援対策特別委員会は、1年間の活動を経て2014年9月に終了しました。
これまでご協力いただきました(有)トップリバー様、(有)木之内農園様をはじめ、町内農業生産者各位、役場産業振興課各位、議員各位に対しまして、厚くお礼申し上げます。

↓人吉新聞 2014年9月20日掲載

人吉新聞 2014年9月20日掲載
タイトルとURLをコピーしました