湯前町の政治活動を通じて、地域の活力となる! 椎葉ひろき公式サイト

地域医療の現状と課題

地域医療の現状と課題

湯前町議会の全員協議会で、地域医療の現状と課題について調査を行いました。

日本全国では、地方自治体立病院の医者不足が深刻化しています。
公立多良木病院も例外ではありません。
今後、公立多良木病院の経営が増々厳しい状況になることを改めて確認しました。

公立多良木病院がなくなると、地域の医療や雇用に大きな影響を与えます。
公立多良木病院を存続させるために、地域の理解と医者不足への早急な対応が求められています。

湯前町長が会長を務める「熊本県へき地医療自治体病院開設者協議会」は医師不足の対策として継続的な支援が必要です。
医師不足と連動した「病院経営」についても今すぐ取り組まなければならない緊急の課題です。

地域の皆様の前向きな理解が必要です!

公立多良木病院


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional