湯前町の政治活動を通じて、地域の活力となる! 椎葉ひろき公式サイト

【あなたの知らない議会Vol.001】町議員定数

【あなたの知らない議会Vol.001】町議員定数

【新企画】あなたの知らない議会
議会と住民の風通しを更によくするための企画です。
これを知れば、あなたも議会通になれます。
私の任期中、週に数テーマお知らせします。


湯前町の動き

2011年(平成23年)の地方自治法改正により上限枠が撤廃され、各自治体の条例で制定することになった。
〇地方自治法 第九十一条
二  人口二千以上五千未満の町村 十四人 ← 「湯前町」当時の上限

平成24年、人口4千人割った時点で議員定数を削減すべきとの内容で検討された。
(人口400人に議員1人の割合という話も当時あったらしい。)

しかし、9月定例会時点で、新人の立候補がなかったことから、追加提案で1人削減。(11人→10人)
蓋を開けると10人の定員に対して13人が立候補した。
 
 
議員定数が一番多かったのは、昭和50年~57年の16人
その後、14人が続き、平成16年~23年が11人
※昭和49年以前は、未調査

【参考】湯前町議会議員定数条例


主観

☆「議員定数削減」と言われないよう、議員は住民福祉の向上を目指して、議員活動に努めなければならない!
☆選挙のときだけではダメ! 政治活動と選挙運動は別物

・多様な民意を反映するには、できるだけ議員数は多い方がよい。
・人口が少ない自治体でも、最低8人は確保したほうがよい。
 議会とは別に、常任委員会や一部事務組合、議会広報などの役割分担がある。
・議決する場合は奇数がよいため、議長を含め偶数がよい。


【参考】球磨管内町村の議員定数
・五木村 10人(人口約1,100人)
・水上村 10人(人口約2,200人)
・山江村 10人(人口約3,600人)
・球磨村 10人(人口約3,900人)
・湯前町 10人(人口約4,000人)
・相良村 10人(人口約4,600人)
・多良木町 12人(人口約10,000人)
・錦町 12人(人口約11,000人)
・あさぎり町 16人(人口約15,000人)

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional